グリーンファイナンス

グリーンボンドを含むグリーンファイナンスを実施し、持続可能な環境・社会の実現に貢献していきます。

グリーンファイナンス グリーンファイナンス

サステナビリティ・リンク・ローン

JREは2021年1月にJ-REIT業界初となるサステナビリティ・リンク・ローン(以下、「SLL」)による資金調達を実施し、以降も以下の通りSLLを実施しています。

SLLは借り手の経営戦略に基づくサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下「SPTs」)を設定し、貸付条件をSPTs の達成状況に連動させることで、借り手に目標達成に向けた動機付けを促進し、環境・社会の面から持続可能な事業活動および成⾧を支援することを目指すローンです。

本SLLにおいては、気候変動リスク、特にCO₂の削減にフォーカスし、JREが環境KPIとして定めた目標のうち、以下の2030年度目標をSPTsに設定いたしました。

  • CO₂排出量削除目標
  • ZEB保有 棟数(Nearly ZEB、ZEB Ready、ZEB Orientedを含む)
■関連情報:

CO₂削減目標など、2030年度に向けたKPIの設定

また、上記SPTsを基に、複数回の確認時点を設けることとし、各時点において別途定めた水準を達成できた場合には、利率について優遇を受けられる設計としています。

サステナビリティ・リンク・ローン(2021年1月29日締結)
  借入① 借入②
SPTs
  • CO₂排出量の35%削減(2013年度比、原単位ベース)(旧目標)
  • ZEB保有 5棟(Nearly ZEB、ZEB Ready、ZEB Orientedを含む)
借入先 農林中央金庫
借入金額 50億円 50億円
借入日 2021年1月29日
元本弁済日 2031年7月31日 2032年1月30日
第三者意見書 ■株式会社日本格付研究所による第三者意見
7 11 13
利率状況 SPTs達成状況による適用利率については、下記リンクをご参照ください。
(リンク)
■関連情報:

サステナビリティ・リンク・ローンの契約締結について
資金の借入(サステナビリティ・リンク・ローン)に関するお知らせ
サステナビリティ・リンク・ローンの設定⽬標達成による適⽤利率引下げのお知らせ

環境省モデル創出事業

2021年1月29日締結のSLLは、環境面においてモデル性を有し資金調達手法の先駆的事例を示すものとして、環境省より「令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等」として選定され、環境省及び請負事業者(株式会社日本格付研究所、イー・アンド・イーソリューションズ株式会社)にて、「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」への適合性が確認されています。

■関連情報:

環境省「令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等」選定に関するお知らせ
環境省報道発表

サステナビリティ・リンク・ローン(2021年11月15日締結)
  借入③
SPTs
  • CO₂排出量の35%削減(2013年度比、原単位ベース)(旧目標)
  • ZEB保有 5棟(Nearly ZEB、ZEB Ready、ZEB Orientedを含む)
借入先 農林中央金庫
借入金額 50億円
借入日 2021年11月15日
元本弁済日 2031年11月17日
第三者意見書 ■株式会社日本格付研究所による第三者意見
7 11 13
利率状況 SPTs達成状況による適用利率については、下記リンクをご参照ください。
(リンク)
■関連情報:

サステナビリティ・リンク・ローンの契約締結について
資金の借入(サステナビリティ・リンク・ローン)に関するお知らせ
サステナビリティ・リンク・ローンの設定目標達成による適用利率引下げのお知らせ

サステナビリティ・リンク・ローン(2022年6月17日締結)
  借入④
SPTs
  • CO₂排出量の80%削減(2019年度比、総量ベース)
  • ZEB保有 5棟(Nearly ZEB、ZEB Ready、ZEB Orientedを含む)
借入先 農林中央金庫
借入金額 30億円
借入日 2022年6月17日
元本弁済日 2032年6月17日
第三者意見書 ■株式会社日本格付研究所による第三者意見
7 11 13
利率状況 SPTs達成状況による適用利率については、下記リンクをご参照ください。
(リンク)
■関連情報:

サステナビリティ・リンク・ローンの契約締結について
資金の借入(サステナビリティ・リンク・ローン)に関するお知らせ
サステナビリティ・リンク・ローンの設定目標達成による適用利率引下げのお知らせ

グリーンボンド

JREでは、サステナビリティへの取り組みの更なる推進に向け、グリーンボンドを発行しています。環境に配慮したESG投資による改修工事等の各種施策を通じて、エネルギーの削減‧顧客満足度の向上‧グリーンビルディング認証の取得などを推進し、ポジティブ‧インパクト注1を実現していきます。

  • ポジティブ‧インパクトとは、「環境社会に関してプラスのインパクトをもたらすと同時に市場水準のリターンを満たすもの」として定義されており、国連環境計画‧金融イニシアティブ(UNEP FI)で提唱されています。詳細は以下UNEP FIのホームページをご参照ください(英語のみ)。
    国連環境計画‧金融イニシアティブ(UNEP FI)

1.グリーンボンドフレームワーク概要

グリーンボンド発行により調達した資金の使途

JREは、グリーンボンド発行により調達した資金を、グリーン適格資産(後述)の取得資金または改修工事資金のファイナンスまたはリファイナンスに全額充当します。

グリーン適格資産

グリーン適格資産は以下の基準のいずれかを満たすものから選定されます。(注2)

[1] 改修工事資金

工事の主たる目的において以下のa.~f.のいずれかを満たし、且つ、グリーンボンド払込期日から過去3年以内に完了もしくは今後完了予定であること。

  • 10%を超えるCO₂排出量又はエネルギー消費量の削減
  • 10%を超える水使用量の削減
  • [2]の認証のいずれかにおいて、星の数やランクの1段階以上の改善
  • [1]a.~c.の基準いずれかを満たし、且つ、外構植栽の多様性等、生物多様性の保全や回復への貢献
  • [1]a.~c.の基準いずれかを満たし、且つ、公開空地の改善や帰宅 困難者の受け入れの為の改修等の地域社会への貢献
  • [2]で列挙した認証・評価のいずれかの取得
[2] 取得資金

第三者認証機関より以下a.~c.の認証または再認証のいずれかを、グリーンボンド払込期日から過去3年以内に取得済または取得予定であること。

  • DBJ Green Building認証における3つ星、4つ星、もしくは5つ星
  • BELS認証における3つ星、4つ星、もしくは5つ星
  • CASBEE不動産評価認証におけるB+、A、もしくはSランク

注2: グリーン適格資産は、資産運用会社の代表取締役社長(サステナビリティ最高責任者)、サステナビリティ推進部長(サステナビリティ執行責任者)、その他各部署長、及び各部の実務担当者により構成されるサステナビリティ委員会によって、サステナビリティ方針及び上記基準に基づいて評価及び選定され、資産運用会社の職務責任権限に基づいて、代表取締役社長により決定されます。

調達資金の管理

JREは内部管理システムを利用し調達資金の充当額及び未充当金額を内部で追跡・管理します。グリーンボンドで調達した資金が一時的にグリーン適格資産に充当されない場合、JREは未充当額を特定の上、グリーン適格資産に配分されるまでの間、現金又は現金同等物として管理します。

レポーティング
[1] 資金充当状況レポーティング

JREは、グリーンボンドで調達した資金が、グリーン適格資産の取得資金または改修工事資金に全額充当されるまで、各年の3月末時点の充当状況をJREのウェブサイト上に開示します。調達資金がグリーン適格資産のリファイナンスに充当される場合は、1)プロジェクトの完了日(認証/再認証取得日および改修工事の完了日)、及び2)充当額のリファイナンスとファイナンスの比率も開示内容に含みます。

第12回投資法人債(ジャパンリアルエステイト・グリーンボンド)/資金充当状況レポーティング

※下記の表は横にスクロールしてご覧ください

2021年3月31日時点           (億円)
  資金調達額 資金充当済額 資金未充当額 プロジェクト完了日 ファイナンス比率 リファイナンス比率
JRE芝二丁目大門ビル
改修工事資金
10 10 0 2020.5.31※1 --- ---
赤坂パークビル取得資金 60 60 0 2017.9.29※2 0% 100%
JRE四条烏丸センタービル
取得資金
29.5 29.5 0 2018.9.28※2 0% 100%
 
合計 99.5 99.5 0      
  • 工事完了日
  • DBJグリーンビルディング認証取得日
[2] インパクト・レポーティング

JREは、対応するグリーンボンドが残存する限り、グリーンボンドで調達された資金が充当された各グリーン適格資産の認証の取得状況、認証レベル、及びグリーンボンドで調達された資金が充当されたグリーン適格資産の以下の指標について年1回公表します。

  • エネルギー消費量
  • 水使用量
  • CO₂ 排出量

改修工事を伴うグリーン適格資産については、改善効果については、対応するグリーンボンドが残存する限り、工事完了後年1回公表します。JREは、適用されるクライテリアに従って、改修前と改修後のエネルギー消費量、水使用量又はCO₂排出量の推定削減率(%)を公表します。

第12回投資法人債(ジャパンリアルエステイト・グリーンボンド)/インパクト・レポーティング

※下記の表は横にスクロールしてご覧ください

2022年3月31日時点          
  認証取得状況 認証レベル エネルギー
消費量
(MWh)
水使用量
(m³)
CO₂ 排出量
(t-CO₂)
JRE芝二丁目大門ビル 取得済 DBJ Green Building 2021 21,562 23,932 6,640
赤坂パークビル 取得済 DBJ Green Building 2020
JRE四条烏丸センタービル 取得済 DBJ Green Building 2021

2021年4月1日から2022年3月31日

外部機関の評価

JREはグリーンボンドフレームワークの適格性(注3)についてESG 評価会社であるサステイナリティクスよりセカンドパーティー・オピニオンを取得しています。
サステイナリティクスのセカンドパーティー・オピニオン

注3: グリーンボンドフレームワークの適格性とは、「グリーンボンド原則」における4つの要件(調達資金の使途、プロジェクトの評価・選定のプロセス、調達資金の管理、レポートティング)に適合していることをいいます。「グリーンボンド原則」とは国際資本市場協会(International Capital Market Association(ICMA))が定めるグリーンボンドの発行に係るガイドラインです。「グリーンボンド原則」の詳細は以下のICMAのホームページをご参照ください(英語のみ)。
ICMAホームページ

2.【事例紹介】JRE芝二丁目大門ビル改修工事

改修工事の概要

JRE芝二丁目大門ビルの改修工事は、グリーン適格資産の選定基準のうち、「エネルギー使用量もしくはCO₂排出量が10%以上削減される工事」の実施、および「DBJ Green Building認証における3つ星」を満たし、グリーン適格資産として選定しています。DBJ Green Building認証の取得においては、当該改修工事における高効率空調設備への更新、館内照明のLED化の他、防災・BCP面に資する取り組みを推進している点が特に評価されました。JRE芝二丁目大門ビル改修工事の概要は以下の通りです。

改修工事の概要

物件名称 JRE芝二丁目大門ビル
所在地 東京都港区芝二丁目3番3号
面積 土地 2,820m²(敷地全体)
建物 16,235m²(延床面積)
構造 鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造
陸屋根地下2階付8階建
建築時期 1984年3月
所有形態 土地 所有権
建物 所有権
取得時期 2001年9月
取得価格 4,859百万円
改修工事の主な内容

本改修工事は、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱するポジティブ・インパクトの考え方に基づき計画されています。

  • 環境負荷軽減を⽬的とした⾼効率空調設備への更新、館内照明のLED化
  • テナント扉の全⾯改修、及び電⼦錠システム化により利便性とセキュリティ性を向上
  • テナント従業員の健康と快適性に配慮し、セントラル空調から個別空調に切替、トイレ・給湯室・制気⼝を全⾯改修
  • 共⽤部内装は既存のイメージを刷新し、物件⾃体のプレゼンスを向上
ポジティブ・インパクトの実現

当初想定よりも高い効果を得ており、結果は以下の通りとなっています。

  • エネルギー使用量

    エネルギー使用量▲44.3%

    (※2020年と2017年の年間実績対⽐)

  • 水使用量

    水使用量▲49.5%

    (※2020年と2017年の年間実績対⽐)

  • CO₂排出量

    CO₂排出量▲32.8%

    (※2020年と2017年の年間実績対⽐)

  • 平均賃料単価

    平均賃料単価17.5%増加

    (※2021年3⽉末時点内定ベースと
    2018年3⽉末時点実績の対⽐)

  • テナント満足度

    テナント満足度約80%に向上

    (※改修後事務室、共用廊下、
    トイレの機能について)

完了写真

エレベーターホール改修後写真

エレベーターホール改修後写真

トイレ改修後写真

トイレ改修後写真